応募方法

ステップ1

まず、身の周りの伝えたい事からテーマを決めて、スマートフォンやデジタルカメラで、動画や静止画を記録しましょう。
その際、記録したものの5W1H(Who(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように))を記録しておきましょう。これが、後世に伝えられる状態で保存できるとデジタルアーカイブの源となります。
また、写っている人の肖像権や、写っている物の著作権には注意し、問題がありそうな場合は許可をいただくようにしましょう。

ステップ2

集めた動画や静止画を使って、プレゼンテーションや動画を作成しましょう。
音楽やナレーション、字幕などを追加して、伝いたい事がわかりやすく、楽しく伝えられるように工夫しましょう。
作品は1つでもいいし、いくつかの作品が集まって、1つの作品になっていても大丈夫です。
動画配信サイトやブログ、WEBサイトとして公開するのもいいですね。

 

 

ステップ3

部門を選択

デジタルアーカイブの対象によって、部門を決めて応募しましょう。
このこのコンクールには3つの部門があります。

地域部門
デジタルアーカイブの対象:地域の産業文化や自然伝統行事など
学校部門
デジタルアーカイブの対象:学校行事やクラスの活動、クラブ活動など
お家部門
デジタルアーカイブの対象:我が家の想い出やお宝、恒例行事や趣味や特技など

権利処理チェック

このコンクールに応募する作品は、

  • 取材先または撮影場所の許可を得て活動してください。
  • 制作者が著作権を持つ素材を中心に使用して制作してください。
  • 著作権フリー素材や市販された素材、許諾を所得した素材等、制作者が著作権を持たない素材を使用している場合は、使用した箇所と素材所有者を明確にしてください。

郵送で応募する場合

作品を保存したDVD等を応募用紙と共にご郵送ください。

 

応募フォームから応募する場合

  • 公開中の作品の場合は、こちらから応募していただくと簡単です。URLをフォームご記入ください。
  • 非公開の作品の場合は、作品ファイルは別途お送りください。大容量ファイル転送サービス等をご利用の場合は、 <E-mail  dac@gijodai.ac.jp> 宛にお送りください。

応募フォームはこちら

 

注意事項

  • 作品に使用する素材は、事前に著作権をクリアしてください。万一、第三者から著作権の侵害や損害賠償などの主張を受けた場合でも主催者は責任を負いません。
  • 教育的に問題のある作品は審査の対象となりません。
  • 応募いただいた作品はお返しいたしません。コピーしたデータを作品とし提出してください。
  • 作品の著作権は作成者に帰属しますが、コンクールの広報を目的として、入賞作品を主催者で使用することがありますのであらかじめご了承ください。
  • 個人情報の取扱いについては、厳正な管理の下でお取り扱いし、事後の連絡に利用させて頂きます。

応募・問い合わせ先

岐阜女子大学 デジタルアーカイブ専攻 担当 林
〒501-2592 岐阜市太郎丸80 
TEL 058-229-2211 FAX 058-229-2222
E-mail  dac@gijodai.ac.jp