デジタルアーカイブでできること

デジタルアーカイブとは


過去や現在の価値のある有形・無形の資料をデジタルの形で記録し、デジタルデータとして保管して様々な人が活用できるように提供するシステムのことです。

デジタルアーカイブを検索・活用することにより、情報発信したり、新たな企画やアイデアの創造が可能になります。

デジタルアーカイブの意味


デジタルアーカイブという言葉は、「デジタル」と「アーカイブ」という単語を組み合わせた造語です。

「デジタル」とは情報を離散的な値で表現することです。連続している時間を数字で区切って表示するデジタル時計を想像すると分かりやすいかもしれません。アナログデータをコンピュータで扱えるよう、01で構成された離散的なデジタルデータに変えることをデジタル化といいます。

次に、「アーカイブ」の意味です。アーカイブという言葉は、古代ギリシアで市民を代表し市民を管理するための法を作成していた上級政務執行官(アルコン)の家・住居「アルケイオン」(arkheion)が語源とされています。

主として図書形態化されていない文書、特に議事録や報告書、記録書類などの公式文書を保存する場所・機能を持った文書館のことを意味するようになりました。現在では、図書館や博物館、自治体、企業の資料を保存・活用することも広くアーカイブとされるようになりました。

「集める」「管理情報を付加して保存する」、「利用する」というのがデジタルアーカイブの概念です。

 

デジタルアーカイブでできること


  デジタルアーカイブがない場合 デジタルアーカイブがある場合
新聞記事
  •  記事を探すのが大変
  • 新聞が破れたり、変色したりすることも
  • 検索ですぐに記事を発見!
  • データは破れたり変色したりしない!
  • データ分析から新発見!
職人の技
  • 職人の技を伝えることは難しい
  • 後継者不足で技術が途絶える
  • 職人の技術継承の教材を提供できる!
  • Dスキャンで複製して産業利用
  • 伝統技術から新たな産業創出へ!

企業の情報

  • 昔の資料やPR用写真を探すのが大変
  • 顧客にはどんな企業なのか分かりにくい
  • 昔の資料をパソコンで確認できる!
  • 顧客に広く企業の情報を公開できる!
  • 企業の透明性を高める!

デジタルアーカイブは何の役に立つの?


デジタルアーカイブは、地域の創生や企業の発展に向けて、必要なときに欲しいデータを閲覧したり、活用したりすることができます。

図書館や博物館、地方公共団体が所有する資料や情報をいつでもスマホで見ることができるのは、デジタルアーカイブのおかげです。

企業では、過去や現在のデータを保管することで、生産性・透明性・信頼性を高めることができます。企業の発展に欠かせないものとして広がっています。