小紅の渡し

体験する

長良川を渡る岐阜市で唯一の渡し舟。県道(文殊茶屋新田線/173号)の一部となっています。遊覧船とは違い、交通手段として利用できます。

渡し舟が、登場するのは元禄5年(1692年)から、川下にあった河渡の渡しが中山道の表街道として、小紅の渡しが裏街道として栄えました。

過去は岸付近では竹ざお、水深の深い部分は櫓で進んでいましたが、現在はエンジンで駆動しています。

 

 

乙津寺の北側には長良川が流れており、堤防のほうに歩いていくと小紅の渡しへの階段があります。堤防を下って進んでいくと白い旗があり、それを振ると船頭さんが船に乗ってこちらに来てくれます。

コロナのせいで行けない人も動画を見て、実際に行った気分を味わってみてはいかがでしょうか。

 

乗船場所

北岸:岐阜市一日市場

南岸:岐阜市鏡島(鏡島弘法 乙津寺 北)

アクセス

北岸:JR岐阜駅(8番乗り場)曽我屋線 O37 寺田ガーデン行きバス乗車。「一日市場」下車 徒歩5分

料金:片道220円

 

南岸:JR岐阜駅(7番乗り場)または名鉄岐阜駅(3番乗り場)から「G51西鏡島」行バス乗車。「鏡島弘法前」下車 徒歩5分

料金:片道220円 

お問合せ先

岐阜市土木管理課

058-214-4719